3Dプリンター・電子計測器のサービス サポート修理・校正・販売・レンタル・中古販売

修理実績

お問い合わせ

山脇電子工業株式会社

〒151-0072 東京都渋谷区幡ヶ谷一丁目21番7号

03-3465-2421

03-3465-2439

i@y-d.co.jp

3Dサービス

3D造形サービスとは

コンピュータで製作した3次元データを用いモデルを3Dプリンタ出力を行うサービスをお客様にご提供いたします。

工業用品・医療関係・各種模型パーツの試作マスタモデル等、幅広くご利用ください。

Page Top

3D造形サービスご利用条件

1. サイズ制限

ABS 6色:白黒赤緑青黄色

2. 色

PLA 8色:白 黒 青 緑 灰 半透明 ワインレッド オレンジ

3. 入稿対応ファイル形式

STL形式

その他形式でも、お気軽にご相談ください。

Page Top

制作例

ベアリング制作

サイズ直径約 約100mm 厚さ約30mm
黄色
出力時間およそ13時間
制作費26,000円

Page Top

3D造形出力サービスご注文の流れ

お客様がお持ちの3次元データ(3D-CAD/CGデータ)を3Dプリンタで造形いたします。

  1. 【入稿】3Dデータをお送り下さい(推奨STLデータ)

    3Dデータ(STL形式※1)を E-mail等で弊社にお送りください。

    建築設計、宝飾、眼鏡、玩具、精密鋳造部品の製造、 医療歯科、インプラント部品、一般工業製品等、幅広くご相談ください。

  2. 【製作】3Dデータのチェック/データ修正を行います

    お客様のデータと造形機との互換性/エラーチェックを行います。

    エラーがあった場合、修正可能であれば弊社にて修正いたします。
    修正不可の場合は、お客様にて再度データの修正をお願いいたします。

  3. 【見積】データチェック後、事前見積もりと納期をご連絡します

    参考料金例

    造形作成時間を基本としています。1時間当たり¥2,000円(税抜き)

    ※通常の材料は、プラスチック樹脂(ABS,PLA)となり、
    材料費は料金に含まれております。

  4. 【造形品 納品】造形物をお受け取りください

Page Top

※1 STLデータとは

STL(Stereolithography)データは3D CADソフト用のファイルフォーマットの一つで、今ではほとんどのソフトにサポートされています。特に3Dプリンタ(ラピッドプロトタイピング)業界では、最も使用されているファイルフォーマットです。STLデータは、3次元の立体形状を小さな三角形(ポリゴン)の集合体で表現するシステムです。そのためSTL形式では曲面を表現できないので、本来曲面になる部分ではモデルを形成する三角形を細くして曲面を生成しています。

ポイントとなるのは、STLデータで出力する際の偏差です。偏差は、STL表面を形成する三角形をどこまで細かくするかを決めるパラメータです。

元のCADデータが同じでも、このパラメータの設定次第で仕上がりが大きく変わってきます。

Page Top

3Dプリンター 販売・レンタル

  • UPBOX+ 3Dプリンター

    UPBOX + 最良のディスクトップ3Dプリンター バージョンアップ UP精度継承した最良の静かな大型3Dプリンター 造形スピードアップ、完全自動調整、LED・インテリア照明、...

  • UP Plus2 3Dプリンター(白)

    全米No.1に2年連続で選ばれた主力モデル! 製品開発から趣味まで、様々なシーンで最高の満足度を誇ります。 小型軽量でありながら、簡単に使える3Dプリンタの能力は想像以上!...

  • UP Mini2 3Dプリンター

    UP Miniの後継機となるUP Mini2 ! コンパクトでスタイリッシュなデザインはそのままに、多くの便利な機能を搭載して新登場! コンパクトなデザインと使いやすさから幅広...